2007年06月07日

フェラーリ 自動車 F1

スクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)はイタリアの自動車メーカー、フェラーリによるF1チームである。
現在はメインスポンサーであるタバコブランド「マールボロ」の名を冠し、「スクーデリア・フェラーリ・マールボロ」(Scuderia Ferrari Marlboro)が正式名称となっている。
なお、イタリア語の「Scuderia」は英語での「Team」に当たる言葉である。
これまでにアルベルト・アスカーリ、ニキ・ラウダ、クレイ・レガッツォーニ、ジル・ヴィルヌーヴ、アラン・プロスト、ジャン・アレジなど数多くの名ドライバーを擁し、過去14回のコンストラクターズタイトルを獲得している。
スクーデリア・フェラーリは内製のエンジンを使用する、いわゆるワークスチームである。
また現在の母体は自動車製造会社でありながら出自はコンストラクターである。
そのため、自社敷地内に「フィオラノ」と呼ばれるテストコースまで所有している。
世界選手権開始直後からF1に参戦し、通算最多勝・最多出走など数多くのタイトルと記録を保持するフェラーリはまさにF1の象徴といえる存在であり、世界に名を轟かすものとしてF1界に君臨している。
フェラーリは、アルファ・ロメオのレーシングドライバーだったエンツォ・フェラーリによって1929年に創設された。
当初の目標はアルファ・ロメオを追い越すことであった。
F1には1950年第2戦モナコGPから参戦。初勝利は1951年第5戦イギリスGPで、フロイラン・ゴンザレスが、それまで出走した全てのレースで勝利を獲得してきたアルファ・ロメオを初めて破り獲得した。
初のコンストラクターズ・タイトル獲得は1961年だが、この年のイタリアGPではヴォルフガング・フォン・トリップスが事故で死亡した。
1964年にジョン・サーティースを擁し2度目の制覇。
1967年にはモナコGPでロレンツォ・バンディーニがレース中の事故で死亡、エンツォ・フェラーリはイタリア人ドライバーを乗せないことを決意する。
60年代の低迷期の後、1974年から加入したニキ・ラウダを中心に復活。
1975年からコンストラクターズ・タイトル3連覇。
1979年は南アフリカの英雄ジョディー・シェクターが、同僚ジル・ヴィルヌーヴと激しくタイトルを争った結果ドライバーズタイトルも獲得し、ダブルタイトルを達成。
フェラーリは黄金期を迎えた。
しかし翌1980年はウィリアムズの台頭とマシン設計の失敗もあり不振に陥る。
そして1982年、ジル・ヴィルヌーヴがベルギーGP予選の事故で死亡する。
チームメイトのディディエ・ピローニも、同年のドイツGPのフリー走行中に両足を粉砕骨折する重傷を負い、レースから離れるがフェラーリは7度目のタイトルを獲得した。
同時にターボエンジンとしては初の年間王者を獲得したことでもあった。
しかし1983年を最後にコンストラクターズ・タイトルから遠ざかり、1980年代中盤 - 1980年代後半は、ミケーレ・アルボレートやナイジェル・マンセル等が活躍を見せたこともあったものの、最終的には毎年ウィリアムズやマクラーレンの後塵を拝した。
1988年にはチーム創設者エンツォが死去。
1990年にはアラン・プロストを獲得するが、ランキング2位止まりであった。
2005年アメリカGP1996年のミハエル・シューマッハの加入からチームは改革され、1999年にはついに16年ぶりにコンストラクターズタイトルを奪還。
その年からコンストラクターズタイトル6連覇、ミハエル自身は翌2000年から5年連続ワールドチャンピオン、つまり2000年からはドライバーズ・コンストラクターズ両タイトルにおいて5連覇という記録を残した。
また、かつては門外不出であったフェラーリエンジンであったが、近年は下記のチームにカスタマー仕様で供給されている。
◆ミナルディ : 1991年

◆スクーデリア・イタリア : 1992年−1993年

◆ザウバー : 1997年−2005年(ただしバッヂ・ネームはペトロナス)

◆プロスト : 2001年(ただしバッヂ・ネームはエイサー)

◆レッドブル : 2006年

熱狂的なフェラーリファンのことをティフォシ(tifosi)と呼ぶ。
これはイタリア語で「熱狂的スポーツファン」「チフス患者」の意味を持つ「ティフォーゾ(tifoso)」の複数形であり、元々はフェラーリファンを特定するものではない。
そのためか、ティフォシの代わりにフェラリスタという呼称が使われることもある。
地元開催に当たるイタリアGPにおいては、来場したティフォシによってサーキットのあるモンツァが赤く染まるほどである。
posted by フェラーリ 自動車 at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。