2007年06月07日

フェラーリ 自動車 カヴァッリーノ・ランパンテ

イタリア語で「カヴァッリーノ・ランパンテ(Cavallino Rampante)」という後足で立ち上がった馬の紋章を使用するため、「跳ね馬」の愛称を持つ(但し、正しい日本語訳は「気負い馬」である)。
この「跳ね馬」はエンツォ・フェラーリの兄アルフレードが第一次世界大戦時に所属していたイタリア空軍スクーデリア91a部隊のエンブレムであった。
エンツォはこの部隊に属していた撃墜王、故フランチェスコ・バラッカ少佐の母から使用の許可を得たとして、フェラーリの紋章とした。
しかしながらイタリアの英雄の母親とは言え、息子の部隊章の使用許可を与える権限などあるはずもなく、エンツォが彼女の思いつきのようなアドバイスを採用したというのが実情らしい。
この跳ね馬の紋章はバラッカが撃墜したドイツのパイロットが付けていた紋章から取ったもので、高性能・高級スポーツカーブランドとして覇を競ったポルシェ社の紋章と同じく、ルーツがシュトゥットガルト市の市章にある。
ちなみに、フェラーリのイメージカラーとして、赤(ロッソ)が非常に有名であるが、本来のコーポレート・カラーは黄色である。
特に、社旗のデザインは、社章の延長線上で黄色の旗に黒色でカヴァッリーノ・ランバンテを描く(或いは、加えてFerrariのロゴが入る)だけのシンプルなデザインであり、サーキットなどで見かける赤色をベースにした旗は、基本的にアンオフィシャルなデザインである。
現在では赤色も暗黙のうちにコーポレートカラーに含まれているので、量産車のカラーのオーダーメイドプランでは、赤色と黄色は原則として取り扱いをしない。
また量産車の新車発表時には、赤色と黄色の車両を用意するように配慮されている。
posted by フェラーリ 自動車 at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。